研修について

プレゼン

企業は新規に採用してからその人が退職するまで様々な研修を行っています。
最初に行うのが、受け入れ時の研修です。
新卒の場合は新入社員研修としてまず、集合教育で行われ、各人がそれぞれの部門・部署に配属されると個別に受け入れ時教育の形で研修が行われます。
中途採用に当たるキャリアの採用では採用時期がまちまちになるので個別に研修が行われるケースが多いようです。
入社後には若年社員や中堅社員の形で同世代の人たちを集めて研修が行われます。
役職に初めて任命されると、新任管理職研修が行われます。
意欲に燃えている新任役職者を一同に集めてお互いに刺激を与えます。
役職者には職位に応じて、課長研修や部長研修が行われることもあります。
この他に階層にまたがって研修を行うこともあります。
また、将来有望な人を人事部が指名して研修することもあります。
男女雇用均等法が施行されてはおりますが、女子社員だけを集めて研修することもあります。
役員研修は個別テーマごとに行われ、役員が切磋琢磨すッるような研修を行う企業は少ないようです。

それぞれの研修内容

新入社員研修の研修内容は学生気分を早く抜け出して、出来るだけ早く社会人としての自覚を持つことを目的に行われます。
企業風土にいち早く順応するために年齢の近い先輩がアドバイザーとして参画するのが普通です。
新任管理職研修は新任管理者になり、組織をまとめていくために必要なカリキュラムをそれぞれの企業が工夫して作成、実施します。
管理職になると部下の人事評価をしなければいけなくなります。
不公平のない評価をするために、評価基準や達成度評価の方法などの説明にも時間を掛けます。
役員研修は企業によってやり方はまちまちです。
企業によっては経営計画や長期計画を策定するタイミングを捉えて、全員が何日間か合宿を行い、外部から専門家を講師として招聘して行うことがあります。
しかしながら、役員は多忙であるという理由であまり研修は行われていないのが実態です。
人権啓発やセクハラ・パワハラ、ダイバーシティなど現在企業として取り組んでいかなければならないテーマについてのみ、つまり最低限の役員研修は義務としては実施されています。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031